Q1. 「専門学校」と「予備校」の違いは何ですか?
A1. 専門学校は、県知事の設置認可を受けている正規の学校のことを言います。認可校なので、在学した期間は学歴となります。給与では、1年コースでは、1号俸アップしたところから初任給が設定されます。また、受験対策だけでなく、公務員になって役立つパソコンやマナーの勉強をすることで、多くの資格取得もできます。(簿記、パソコン、秘書検定、漢字検定、情報検定など)

Q2. 「専門士」って何ですか?
A2. 認可校で2年以上在学して専門の勉強をしてきた人に、文部科学省から「専門士」の称号がいただけます。本校では「商業実務課程の専門士」が授与され  ます。このことが、短大卒と同等の資格として扱われるということです。

Q3. IBAの学校の特徴はなんですか?
A3. 人間性教育に力を入れているところです。公務員試験では、1次教養筆記試験、2次では面接試験が実施されます。選考にあたって人物重視の傾向はますます高まっています。最終内定を獲得するには、面接官に「一緒に働きたい」と思ってもらえる人物でなければなりません。公務員として働くための考え方や、周りへの感謝、社会全体を見渡せる広い視野、ボランティア活動への参加など、多くのことを学ぶ場を提供して個々の人間性を高めることを目指しています。

Q4. 授業の特徴はなんですか?
A4. すべて生授業です。IBAでは、学生の顔を見て、理解度を確かめながら授業を行います。その科目、その単元ごとに、授業のスピードや、深さを考えながら、その時の学生に合った指導方法をとることで、学生本位の授業を行うことができるのです。

Q5. 通学定期の学割はありますか?
A5. IBAは認可校ですので、1年課程以上の学科では通学定期の学割の適用を受けます。高校と同じ割引率で利用できます。

Q6. 体験授業はできますか?
A6. 夜間講座では、各曜日1回ずつ体験できます。

Q7. 2次試験面接ではどんな対策を立てればいいですか?
A7. IBAでは、面接専門官による面接対策を、本科、上級、夜間、夏期講座、すべてのコースで行っています。また、入学と同時に、自己分析や、面接カードの作成を行い、1次試験筆記と並行して準備を進めています。

Q8. 面接専門官って何ですか?
A8. 本校面接専門官は、国家公務員採用担当として直接面接試験の試験官を行って きたプロフェッショナルです。自己分析から面接マナーまですべてを、指導します。キャリアコンサルタントの資格を持っています。

Q9. 自習室はありますか?
A9. 本校2階に自習室があります。個人で、またはグループでの学習に最適です。講座生にも開放していますので、高校生も利用できます。平日水曜日以外、午後9時まで利用できます。

Q10. 授業は何時からですか?
A10. 学校の授業は9時30分から始まりますが、9時15分からSHRが行われます。重要な情報など伝達されます。一日の正規の授業は、16時40分に終了します。

Q11. 1年コースと2年コース、どちらがいいですか?
A11. 1年コースは、高校の時など公務員試験受験の経験がある方、または1次合格した方など、1年で決めたい方にお勧めします。2年コースは、初めて受験する方、基礎からじっくり学びたい方、難関職種への合格を目指す方、または短大卒と同等の資格を取りたい方にお勧めします。それぞれの目的に合わせて選択することができます。

Q12. 1年コースに入学して、合格できなかったら、どうすればいいですか?
A12. 本校では、学科間の転科を認めています。1年次の後期から2年コースの1年次に転科をして、次年度受験を目指すことができます。

Q13. 公安系職種を希望しているのですが、体力試験対策は行われていますか。
A13.  警察・消防コースでは、カリキュラムの中に「トレーニング」の授業を設けてトレーニングのスペシャリストに、指導していただいています。また、昼休みや放課後にも、トレーニングルームを自由に使うことができます。

  

Q14. 学校は楽しいですか?
A14. IBAでは、みんな勉強を頑張るから、途中の体育や、遠足や、ボーリング大会や、先生と一緒のお楽しみ会は、とっても楽しい!!何もかも忘れて思いっきり楽しみます!!メリハリのついた学校生活が、公務員合格の秘訣です!

その他のよくある質問Q&Aはこちら≫