公務員を目指す皆さん こんにちは!

 

コロナ禍が少し落ち着き、師走も押し迫りました。クリスマスソングを耳にすると世の中が開放的で明るい雰囲気になってきたように思えます。

 

今回は、今年度(令和3年度)、実際の公務員面接試験の質問例と意図、その回答のポイントについて紹介します。

 

1 共通的な質問では

 ① 〇〇(受験先)のコロナ禍の現状についてどう思いますか。

   意図は、「社会人、公務員として世の中の出来事(コロナ禍)を幅広くとらえて、自分なりの考えや意見を持っているか」です。悲観的にならず、大局的に広い視野で物事を見ているかがポイントです。

 

 ② 上司と意見が食い違った時はどう対処しますか。

  意図は、「組織の中での人間関係のあり方、適応性や対応力があるか」などを見ている質問です。素直さや忠誠心が伺え、組織での協調性や柔軟性を持っているか、感じられるかがポイントです。

 

 ③ どんな時にストレスがたまり、そのストレス解消法は何ですか。

   意図は、「どうすればストレスがたまるか自分でわかっているか」「その時の気分転換法やストレス発散法を持っているか」の質問です。ポイントは自己理解できているかであり、最近、特に問われる質問です。

 

2 県職員では

 ① 市職員や国家一般職でなく、県職員を志望した理由は何ですか。

   意図は、「県職との違いを理解しているか」「やりたいことは県職員でないとできないのか」などであり、志望動機の確かさや本気度を確認する質問です。また、「公務員と民間企業の違いは何ですか」と問われることもよくありますので、それぞれの役割の違いを整理しておきましょう。

 

 ② 現在〇〇県が推進しているプロジェクトについてどう思いますか。

   意図は、受験先に対する知識や関心度を確認する質問であり、志望の熱意や意欲を確認する質問です。受験先の広報誌やホームページなどから情報収集して自分の意見として整理しておく必要があります。

 

3 市職員では

 ① 〇〇市(受験先)をまったく知らない人に対して、1分間で〇〇市をPRして下さい。

   意図は、〇〇市に関する知識や情報内容から、受験先への志望動機の確かさを確認する質問です。PR内容としては、自然、文化、歴史、産業など幅広く考え、わかりやすく簡潔に言えるかがポイントです。 

 

 ② 希望しない部署や離島に配属されたらどうしますか。

   意図は、勤務場所の制限があるか、前向きな意欲があるかを確認する質問です。基本的には「どんな部署でも、どこの場所でも頑張ります」と積極的な回答をした方が好印象です。

 

4 警察官では

 ① どんな警察官になりたいですか。

   意図は、「警察官としての理想像」「あるべき姿」を自分なりにイメージできているかを確認する質問です。警察官の仕事を踏まえて回答すればよいでしょう。また、論文や集団討議のテーマとしてもよく出されますので自分なりの回答ができるように整理しておきましょう。

 

 ② あなたのどこが警察官に向いていると思いますか。

   意図は、「警察官として必要なことは何か理解しているか」「警察官の資質があるか」など確認する質問です。ポイントは部活動などの経験や性格などを踏まえて、資質があることを具体例として回答することです。

 

 ③ 最近あった県内の事件事故について何か知っていますか。

   意図は、「社会人として県内の出来事やニュースに関心を持ち、自分なりの意見や考えを言えるか」の質問です。日頃から世の中の出来事や県内の事件事故に関心を持ち、自分の考えをまとめておく必要があります。

 

 

今年度、公務員合格の目標達成できなかった人もいると思いますが、「公務員になる夢」を簡単にあきらめないで下さい。

 

努力を継続すれば、夢は、必ずかないます。努力は、必ず報われます。

 

来年が皆さんにとってすばらしい年になることを祈念します。

 

                                    

松元 剛一(まつもと こういち)

鹿児島生まれ

国家公務員定年退職後、公務員採用試験面接官としてのキャリアと国家資格

「キャリアコンサルタント(JCDA会員)」の知識と経験を活かし、全学生、

全講座受講生の面接指導を行い各種公務員試験合格に寄与している

長所:好奇心旺盛 趣味:ゴルフとマジック(地域のボランティア活動)

特技:利きウーロン茶(銘柄) 頑張ったこと:カヌー競技(国体参加)