公務員を目指す皆さん こんにちは!

 

 全国的にコロナ禍が落ち着き、秋を感じる季節になりました。

 公務員試験は、自治体等の1次試験がほぼ終了し、2次・3次試験が行われている時期ですね。

「面接対策はこれでいいのか?」と不安と焦りを感じながらも、それぞれ準備を進めていることと思います。

 

 実は、面接試験を受ける人全員が、今、同じ心境なのです。

 心配やストレスがたまると勉強に集中できず、メンタル的にもネガティブになりがちです。また、誤った情報や周囲の雑音にも振り回されてしまいがちです。

 この時期を乗り越えるポイントは明るく元気にポジティブ思考で面接に挑むことです。「公務員に必ずなれる」「絶対に〇〇になる」という自己暗示をかけて、とにかく目の前のことに全力で取り組むことが重要です。

 また、1次試験や面接試験で実力を発揮できなかった人もいることでしょう。すでに気持ちを切り替えて、今後の進路について迷っている人や悩んでいる人はいませんか?

 または、来年に向けて勉強開始している人もいると思います。

 

 

 公務員を目指すにあたって、「最大の鍵」は、「公務員になる」「消防士や警察官などになる」という強い意志と、その夢や目標を目指すことを継続することす。最終合格までコツコツと努力し続けることです。

 他にやりたいことが見つかった人は、それでOKですが、「自分には公務員は無理」「自分は〇〇職員になれない」と自己判断して1回2回の受験であきらめないことです。

 

 公務員になるには、その夢を追い続けて、信念と覚悟を持って継続的に試験対策を行うことが必要です。それを行った人が目標を達成できるシステムになっているのです。

 実際に、民間企業で働きながら3回目、4回目の試験で市役所職員や消防士、警察官になった学生を、私は多数見てきました。

 重要なことは、本当に心から公務員(〇〇職員)になりたいのか、努力することを継続できるかどうかです。なぜなら、それが公務員としての資質であり、熱意や本気度を確認する指標となるからです。

 

 あなたのアピールポイントは、ポジティブ思考で切り替えが早いことでは?

 あなたの長所は、コツコツ努力し続け目標を達成できることでは?

 あなたの強みは、チャレンジ精神があることでは?

 

 とにかく「継続は力なり!」 努力は必ず報われます!

 

                                    

松元 剛一(まつもと こういち)

鹿児島生まれ

国家公務員定年退職後、公務員採用試験面接官としてのキャリアと国家資格

「キャリアコンサルタント(JCDA会員)」の知識と経験を活かし、全学生、

全講座受講生の面接指導を行い各種公務員試験合格に寄与している

長所:好奇心旺盛 趣味:ゴルフとマジック(地域のボランティア活動)

特技:利きウーロン茶(銘柄) 頑張ったこと:カヌー競技(国体参加)